FC2ブログ

本を読む

雨が降り続いていますね。
結果的に、今週のレッスンはお休みにして良かったなと思う位のはずが、
想像以上に降り続く大雨、
避難指示が出ている地域もあり、なんだか落ち着きません。
先日の地震からようやく落ち着きつつあったのに・・・
雨は恵みをもたらすこともありますが、
今は少しでも早く雨が止みますように
そんな風に願います。

そして、今週は少し体調を崩していました。
地震の不安が拭えないまま、
7月1週目のレッスンをどうするのかを悩み、
「お休みにする」と決めて緊張が緩んだのかもしれません。
家のことは色々ありますが、
1週間教室もないので、隙間時間はゴロゴロと寝ていました。
そんな様子を見ている次女が、
「本を読んで欲しいんだけどな・・・・」と言ってきました。
読んであげたい気持ちあるけど、体がだるいし、声が出にくい。
そばにいることはいつもよりできるので、
「母さんに読んで」と次女にお願いすると、
「母さん、しんどいからね。読んであげる」と言ってくれました。

そして実際読み始めると・・・・・。
思った以上に声に出して読むというのは難しいらしいです。

書いているとおりに正確に読むのは難しい。
   →内容はあっているけれども、自分の普段使っている言葉に置き換える。
行がとぶ
   →声に出すことに気をとられてしまう。
気がつくと、声が小さくなっている
   →字を追うことに一生懸命になっている。

幼稚園の先生が言われていた小学生になって難しいと感じること
黒板の字を見て自分のノートに書くこと。
  →焦点を遠近変えながら書く。
定規で線を引く。
  →左右の手で、違う動きを上手にバランスをとりながらする
そんなことにも似ているかもしれません。

ちょっと気になって朗読について検索してみると、
小学1・2年生は、感情を込めて上手に読めなくても、OK。
本に親しみ、声に出して読めればOK。なんて書かれているものもありました。

今回読んでくれた本は、次女にとって初めて読む本ではないので、
ト書きの箇所はたどたどしいですが、台詞の部分は感情たっぷり。
聞いていておもしろかったです

もし、次女が本読みで声に出すのに、戸惑ったら、
読み聞かせから、始めればいい。
読み聞かせて、本の世界を理解して、声に出してみることに挑戦。
本を読んでいるのではなく、暗記・模倣になっても、
そこから自信をつけていけばいい。
そして、私やお姉ちゃんと、台本のように読みあいっこして、
本を楽しんでくれたらいいな~

次女の本読みを聞いてそんな風に思いました。

まずは読んでもらうことから始まる本とのお付き合い。
子どもに本の世界をたくさん伝えてあげたいですね

aP7060105_convert_20180706120433.jpg
こちらが今回次女が選んだ2冊。
「どっちも食べ物の本やん」って言ったら笑ってました。



コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://tetearoma.blog10.fc2.com/tb.php/1714-d4a59f98

プロフィール

山口 まゆみ

Author:山口 まゆみ
京都府長岡京市を中心にベビーマッサ-ジ教室を開催しています。
◆KAF認定ラヴィングベビータッチ
     インストラクター
     (ベビーマッサージ)
◆petapeta-art®アドバイザー
◆HPS認定プロフェッショナル
       アロマセラピスト
◆NRC自然療法研究所認定
     ハーブコーディネーター
◆アロマ・フランス認定
        クレイテラピスト
◆薬剤師

ベビーマッサージ教室

長岡京市の自宅、中央生涯学習センターでベビーマッサージ教室を開催中です。 ワイワイ楽しくしていますので、お気軽にお越しください。 赤ちゃんとお母さん、みんなであったかい時間を過ごしましょう。 詳細はブログ内の「教室のご案内(http://tetearoma.blog10.fc2.com/blog-category-7.html)」をご覧下さい                       ご予約・お問い合わせの連絡先:  tete_aroma1101@@yahoo.co.jp                  (@を1つはずして送信し下さい)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ