FC2ブログ

私のお菓子作りのルーツから思うこと

1月のお菓子は何を作ろうかな。
お正月っぽいもの、
お餅を使ったお菓子もいいのがあればいいな~、
なんて考えていると思い出したのは、
次女を出産前まで働いていた薬局でのこと。

私がお菓子を作るようになったルーツは、その薬局からでした。
その当時の薬局の管理をしていた人は、
とっても仕事が出来て、患者さん想いのいい人で、
子どもさんが多く通っていた耳鼻科が近くにあったからでしょうか、
「手軽でおいしくて、ヘルシーなお菓子のレシピを置くといいんじゃないか
ということを提案されて、薬局の中の数名が担当として任されました。
その数名になぜかパートの私が入っていまして・・・。
レシピをお渡しするにも、実際作って、みんなで試食して・・・・
さらには、日時を決めて、
ご希望の患者さんにも試食をしてもらおうかという話にもなって。
家で色々考え、作っても時給が支払われるわけもなく。
その当時は、薬局の管理者の人柄の良さだけで、お手伝いをしていました。
が、「めんどくさ~~い」「やめた~~い」の気持ちもいっぱいありました。
でも、その経験は、今のお菓子作りに活きてるな~と感じます。

「嫌だな~」「やりたくないな~」と思う出来事。
わりと直感で、スパッとやらなかったり、お断りすることもあります。
でも、何かしらの条件でやらなければいけない時、
がんばって続けた先に、おもしろい結果が見えた経験が何度かあるので、
やるときは、結構がんばってしまいます。

先日、離乳食作りに奮闘されるお話を聞きました。
「明け方、みんながまだ寝ている頃に、
離乳食の下準備をしているけれども、食べてくれないと辛くて・・・
精神的にまいってしまうほど根を詰めるのはNGですが、
その頑張りは、本当に素敵です。
今、離乳食を通してお子さんと向き合う時間。
食べる・食べないに関わらず、
しっかり考えながら楽しみながら過ごすことが出来れば、
子どもさんがほんの少し成長していくと、きっと面白い結果が見えてくる。
そして、そんなお母さん自身も気づかないうちに
いろんな苦労を共感できる素敵な先輩ママさんへの階段を上っているのです。

お母さんの様子を見ながら、
「教科書通りじゃなくても大丈夫」とお伝えしながら、
お母さんの頑張りを心から応援しています

私もまだまだ子育て真っ最中。
悩みながら、泣きながら、怒りながら、笑いながら
頑張らせていただきます
a20170106_103009_convert_20170107081732.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://tetearoma.blog10.fc2.com/tb.php/1230-eacb61a0

プロフィール

山口 まゆみ

Author:山口 まゆみ
京都府長岡京市を中心にベビーマッサ-ジ教室を開催しています。
◆KAF認定ラヴィングベビータッチ
     インストラクター
     (ベビーマッサージ)
◆petapeta-art®アドバイザー
◆HPS認定プロフェッショナル
       アロマセラピスト
◆NRC自然療法研究所認定
     ハーブコーディネーター
◆アロマ・フランス認定
        クレイテラピスト
◆薬剤師

ベビーマッサージ教室

長岡京市の自宅、中央生涯学習センターでベビーマッサージ教室を開催中です。 ワイワイ楽しくしていますので、お気軽にお越しください。 赤ちゃんとお母さん、みんなであったかい時間を過ごしましょう。 詳細はブログ内の「教室のご案内(http://tetearoma.blog10.fc2.com/blog-category-7.html)」をご覧下さい                       ご予約・お問い合わせの連絡先:  tete_aroma1101@@yahoo.co.jp                  (@を1つはずして送信し下さい)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ