FC2ブログ

伝わる言葉で伝えましょ♪

今日は学校の卒業式で、長女は学校がお休み。
どこかにお出かけしようかと思ったのですが、
お天気が下り坂なので、家でまったり過ごすことに。
といっても、姉妹がそろうとまったり・・・なんてことはないわけで。

それでも、予想以上に2人で仲良く遊んでくれている様子に、余裕の私
aP3180233_convert_20160319054805.jpg
自家製酵母で今日はベーグル焼きました
aP3180241_convert_20160319054824.jpg
昨日の食パンと合わせてお昼ごはんに。

夕方にもなると、もめ事もあります。
「やめて」という長女の言葉を無視して、
次女がうちわであおぎ続けた結果、
長女の顔にうちわが当たって、
怒っておもちゃのパーツを自分のものにしてしまい、
次女が「○○(長女)が~~~」と泣きついてきたわけです。

いつもなら、「ちゃんとごめんなさいって言いなさい」
と次女に諭して、丸く収めるところですが、
こんなもめ事が起こる原因は何かと考えてみる。

長女に「どうしたいの」と聞くと、
「謝らないから嫌だ」と言う。
「イヤだって~」とそれを聞いた次女が泣きます。
「△△(次女)には謝るっていう言葉がわかないんだよ。
 わかる言葉で言ってごらん」
少し考えて、
「ごめんなさいって言わないから嫌だ」と言うと、
「イヤだって~」とまた泣く次女。
そんな様子を見て、また考える長女。
「ごめんなさいって言ったら返してあげる」というと、
なんともあっさり「ごめんなさい」と次女。

その後、「一緒にあそぼ」と2人で行ってしまいました。

何はともあれ、仲良し姉妹。
お互い仲直りのきっかけが欲しいけど、
瞬間的な怒りの感情や年齢差もあって言葉がうまくかみ合わないから、
どんどんこじれてしまいます。
そんな時は、相手に伝わる言葉で伝えれば、案外あっさり解決するもの。
長女に伝わったかな~。

大人の世界も同じようなものですね。
同じことを伝えるのに、いろんな言葉があります。
その時、その場所、その人に合わせた言葉で話すことで、
円滑なコミュニケーションの役に立ちそうです。
いったんこじれると、
子どもたちのようにあっさりと解決できないことが多いですが・・・
子どもの世界を見習わないと

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://tetearoma.blog10.fc2.com/tb.php/1007-7ef490e7

プロフィール

山口 まゆみ

Author:山口 まゆみ
京都府長岡京市を中心にベビーマッサ-ジ教室を開催しています。
◆KAF認定ラヴィングベビータッチ
     インストラクター
     (ベビーマッサージ)
◆petapeta-art®アドバイザー
◆HPS認定プロフェッショナル
       アロマセラピスト
◆NRC自然療法研究所認定
     ハーブコーディネーター
◆アロマ・フランス認定
        クレイテラピスト
◆薬剤師

ベビーマッサージ教室

長岡京市の自宅、中央生涯学習センターでベビーマッサージ教室を開催中です。 ワイワイ楽しくしていますので、お気軽にお越しください。 赤ちゃんとお母さん、みんなであったかい時間を過ごしましょう。 詳細はブログ内の「教室のご案内(http://tetearoma.blog10.fc2.com/blog-category-7.html)」をご覧下さい                       ご予約・お問い合わせの連絡先:  tete_aroma1101@@yahoo.co.jp                  (@を1つはずして送信し下さい)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ