FC2ブログ

突発性発疹でのケア

妹ちゃんがかかった突発性発疹。
この時の我が家のケアをご紹介させて頂きますね。

まずは、寝室にディフューザーで芳香浴。
この時につかった精油は
ラベンダー、ティートリー、グレープフルーツ
家族にうつるような病気ではなかったので、
しっかり眠れて、免疫力をあげてほしいという思いからの選択です。
家族みんなも看病疲れが出ないようにという思いもありました。
柑橘系はその時の気分ですが、
かぜだったなら、レモンにしたかなと思います。

お風呂は熱のある時は入れなかったので、
カモミールのフローラルウォーターを加えたお湯で、
身体を拭いてあげました。
暑い時期ではなかったので、あせもなどの心配は少なかったのですが、
香りもよくリラックス効果もあるかなと思いました。

熱が高い時には、抱っこしながら、
身体の中心から外にむかってさするようにしてました。
以前、鍼灸の先生の勉強会に参加した時に
熱性けいれんについて聞いたことがありました。
(お姉ちゃんが小さいころに熱性けいれんを起こしたことがあるので)
その先生のお話では、普段熱を抑えてる力と、上がってくる力のバランスが崩れて、
一気に熱が突き上がってくることが原因と考えられるとのことでした。
なので、自己流の考え方で、
頭ではなく、手や足の先から熱が出ていくイメージでさするようにしています。
あくまで、自己流なんですが、
あるセミナーで、同じように考えている医師がいらっしゃることを聞いて、
びっくりしました。

後は、私がすこし精神的に疲れもでていたので、香りでリフレッシュしてました。
思わぬところで、ハンドジェルが役に立ちました。
風邪などの対策の冬用だったのですが、ラベンダーベースなので、やさしい香りで、
ジェルを塗るとしばらくいい香りが漂うので、
「もうひとがんばりだ」と元気が出ました。

今回は妹ちゃんだったので、ハーブは使いませんでしたが、
お姉ちゃんだったら、ハーブのチンキが活躍します。。
ハーブのチンキは、うがいにも使えるし、飲むのは数滴だけでいいし、とっても便利。
また今度、ハーブチンキについても書きますね。

こんな感じで突発性発疹の数日を過ごしていきました。
病気に直接作用するわけではありませんし、
結局、小児科の先生の言うとおりに症状が進んでいったので、
何か役に立ったのか・・・・というのは分かりませんが、
少しでも楽になるように、元気になるように、
できる限りのことをしてみました。

案外いろんな場面に役立つアロマです。
アロマクラフト教室も開催しますので、ご興味があればぜひご参加くださいね




プロフィール

山口 まゆみ

Author:山口 まゆみ
京都府長岡京市を中心にベビーマッサ-ジ教室を開催しています。
◆KAF認定ラヴィングベビータッチ
     インストラクター
     (ベビーマッサージ)
◆petapeta-art®アドバイザー
◆HPS認定プロフェッショナル
       アロマセラピスト
◆NRC自然療法研究所認定
     ハーブコーディネーター
◆アロマ・フランス認定
        クレイテラピスト
◆薬剤師

ベビーマッサージ教室

長岡京市の自宅、中央生涯学習センターでベビーマッサージ教室を開催中です。 ワイワイ楽しくしていますので、お気軽にお越しください。 赤ちゃんとお母さん、みんなであったかい時間を過ごしましょう。 詳細はブログ内の「教室のご案内(http://tetearoma.blog10.fc2.com/blog-category-7.html)」をご覧下さい                       ご予約・お問い合わせの連絡先:  tete_aroma1101@@yahoo.co.jp                  (@を1つはずして送信し下さい)

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ