FC2ブログ

ホリスティックナーシング研究会②

ホリスティックナーシング研究会のご報告の続きです。

午後から
私のお目当ての大下 大圓先生の講演でした。
大下先生は、飛騨千光寺のご住職であり、京都大学で講師をされたり、
病院でも活動されています。

なぜお目当てだったかと言うと
最近よくお名前を目にすることも多くて、気になっていました。
「スピリチュアル」という言葉は
なんだか怪しげで、よく分からないですよね。
色々本を読んだり、講演を聞いたりして
分かるようになった気がしますが、
日本的にはスピリチュアルってどう捉えるのかな~と思ってました。

ここに書くにはちょっと難しい・・・
ワークショップに参加していれば
もうちょっと分かりやすく書けるようになったかな~
日本人のスピリチュアルには「縁(えん、えにし)」が関係してるようです。

本も出されているようなので、一度読んでみたいと思いました。


家に帰って、まだ温かく明るかったので、
外で近所のお友達と娘が一緒に遊ぶのを見てあげることができました。
そして、家族でわいわいお好み焼きを食べることができました。

ワークショップに参加できなかったのはやっぱり残念でしたが、
よい1日になりました

ホリスティックナーシング研究会 ①

今日は京都
ホリスティックナーシングケア研究会のセミナーがあったので行ってきました。

私はナース(看護師)ではありません。
申し込んだものの、最近セミナーが続いていて
主人と娘にお留守番を頼んでしまっています。
今回は看護師向けだし、やめようかな・・・・
なんて思いもありましたが、
以前から聞いてみたかった講師の方がいて
やっぱり行きました。
その代わり、後半のワークショップは参加せず、早めに帰ることにしました。

午前中はお二人の先生が講演されました。
橋本 ルミ先生
川嶋 みどり先生
 
お二人とも、現在は看護師の指導という立場にいらっしゃる先生で、
看護師の世界では高名な方のようですが、私は初めてのお名前でした。
お目当ての先生ではなかったのですが、お話を聞けてとてもよかったです。

私の中で、看護師さんのイメージは、
採血して、点滴かえて、血圧測ったり・・・そんなイメージ
でも、看護って違うんですね。
看護の基本は患者さんに寄り添って、共感して共に生きること。
看護師は看護のプロフェッショナルな人たち。
そんなことが薄れかけている現状に、
看護師もう一度基本に立ち返り、
看護ができるように環境づくりや教育をしていきたいと
尽力を尽くされているお二人のお話でした。

その中でも、
橋本ルミ先生の「癒しの環境づくり」という言葉が心に響きました。
人間の個々の細胞は、環境をどう感じるかで活動が作用されるそうです。
今の場所が「敵」か「味方」か
どんな環境の中でも、
味方と思える環境、安心できる環境を見つけ出せることができるように。
自分の心ひとつで
体の中も変わってくるんですね。

また、お二人とも、
看護師さんのセルフケアアについてもとても重要視されていました。
何事も続けていくと、楽しいこと、やりがいを感じることばかりではありません。
また、やりがいを感じるばかりに無理をしていることもあると思います。
私もベビーマッサージやアロマなど
続けていくためには自分のケアを怠らないようにしようと思いました。

予想以上に感銘を受けたお話で
長くなってしまったので、
お目当ての大下 大圓先生のお話はまた書きます。





1つの壁

子どもも成長してくると
自分の事だけでなく、周りの事が見えてきます。
そんな時に感じる「恐れ」の感情。
幼稚園では年中さんや年長さんの素早い動き、多少乱暴な言葉遣いが
年少さんにとってはきつく思えます。

今までは怖いと思うことがあっても、
振り返れば、傍にいつもお母さんがいた。
でも、幼稚園ではお母さんがいない。

「こわい、いやだ」という感情は
言葉に上手く出来なくて、
お腹が痛くなったり、幼稚園に行きたくない
と、いったりすることで伝えようとしているかもしれない。

そんな時はゆっくり待つことが大切なようです。
いつかは乗り越えないといけない壁。
いったん自分の居場所に戻って、
力をつけて何度かトライ。
ダメだったらまた戻ってきたらいい。
いつか乗り越えられることを知っているから、
周りができることは温かく見守るだけ。

そして、自分で決めたら、子どもは壁を乗り越えていきます。
それも、拍子抜けするくらいあっさりと。

そんなお母さんと子どもさんの1歩踏み出したお話を聞きました。
お母さんの話を聞いて、子どもの持っている力はすごいと感じましたが、
その中には、たくさんの愛情が詰まっているように感じました。

私は娘の信号ちゃんと受け止められているかな?



きのこ?

ここのところ温かい日が続きますね。

もうすぐ春ですかね~。

娘の幼稚園でも年少組の行事がほぼ終わって
もうすぐ年中さんになるんだな~としみじみ思ってしまいます。

毎日嫌がらずに幼稚園に通っていますが、
最近ちょっと変化が。

ある日の朝、幼稚園に行く前に娘が自分の上着を選んだら
久々に茶色の上着。
「これでいい?」
「いいと思うよ。」
と言っていたのに、
いざ家を出ようとすると
「やっぱり、茶色やめる~」
「なんで?」
「茶色着てたら、○○くんと△△くんがきのこっていうの」

この発言大げさに考えると“いじめ?”と気にもなりますが、
○○くんと△△くんは
娘の「好きな子リスト」に入っている二人。
「やさしいから好き
と少々父さんを悩ませる発言をいたしております。

今までは、年上の子から多少からかわれるようなことを言われても
よくわからずにニコニコしていたんですが、
そんなことを気にするようになったんだな~
と、ちょっと成長を垣間見ました。

うれしい反面、
母さんの知らない所で色々感じてるんだなと思うと、
ちょっとさみしいですね。

人との関わりは
楽しいことがあるけれども、
楽しくないことも増えてきます。
そんな1歩も踏み出した娘。
つらい時はいつでも母さんの所に戻ってきてね


アイピロー

アイピロー作ってみました。
アイピローの作り方を見て作りました。

IMGP0411_convert_20110223093141.jpg
ガーゼの袋の中には小豆が入っています。
小豆だけレンジで温めて、
外のカバーにいれます。
お茶パックにラベンダーを入れて、カバーに一緒に入れました。

IMGP0418_convert_20110223093352.jpg
カバーはボタンで閉じれるようになっています。

割と簡単にできたんですが、
結構すぐれもの

あったかさが30分以上続きます。
目にも当ててみましたが、
お腹に当てると
じんわりあったかいい気持

ラベンダーもいい感じで香ってきます。

プロフィール

山口 まゆみ

Author:山口 まゆみ
京都府長岡京市を中心にベビーマッサ-ジ教室を開催しています。
◆KAF認定ラヴィングベビータッチ
     インストラクター
     (ベビーマッサージ)
◆petapeta-art®アドバイザー
◆HPS認定プロフェッショナル
       アロマセラピスト
◆NRC自然療法研究所認定
     ハーブコーディネーター
◆アロマ・フランス認定
        クレイテラピスト
◆薬剤師

ベビーマッサージ教室

長岡京市の自宅、中央生涯学習センターでベビーマッサージ教室を開催中です。 ワイワイ楽しくしていますので、お気軽にお越しください。 赤ちゃんとお母さん、みんなであったかい時間を過ごしましょう。 詳細はブログ内の「教室のご案内(http://tetearoma.blog10.fc2.com/blog-category-7.html)」をご覧下さい                       ご予約・お問い合わせの連絡先:  tete_aroma1101@@yahoo.co.jp                  (@を1つはずして送信し下さい)

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ